明石矯正研修会を修了しました

こんにちは

小林デンタルクリニックの小林陽介です

 

すでに5月に入りましたが、先月の4月に1年間に渡った明石矯正研修会のベーシックコースを修了することができました。

この明石矯正研修会とは何かといいますと

『高い診断能力と技術を持つGP矯正医を育てることが目標』の研修機関です。

GPというのGeneral practitionerの略で、日本語に訳すと一般歯科医です。

つまり、矯正治療もこなす一般歯科医の養成セミナーというわけです。

 

歯列矯正は歯科の中でも特殊な分野の一つです。歯科医師免許を取得すると、矯正治療も行うことが許されますが、患者様に提供できるレベルの技術かというとそうではありません。全くできないと言ってもいいでしょう。

他よりも多くの研修、研鑽を積んだ歯科医師が提供できる治療の一つが歯列矯正だということです。

 

当院では、矯正治療を希望される患者様も多くお見えになりますし、全顎的な治療を行ううえで、歯の位置を整えることも必要になってきますので、より良い治療を提供するために、腰を据えて学んでおりました。

 

この研修会は1年間にも及ぶコースになっており、その内容も毎回濃いものでかつ、毎回課題、宿題が科されそれを評価されるというかなりハードなものでした。

私が今まで受けてきたセミナーなども、宿題などを出されることはなく、この研修会がいかに本気でただのGPをGP矯正医として育て上げたいかという強い意志を感じます。

 

この1年で私の歯列矯正に関する知識と、技術はブラッシュアップされたと自負しておりますので、体得した技術を患者様に還元できるよう励んでまいります。

 

1年間お世話になった、下間一洋先生、下間美沙先生、井筒大輔先生、井筒正嚴先生、宮田康平先生の5名のインストラクターの先生にはこの場を借りて厚く御礼申し上げます。また、1年間共に学ばせて頂きました38期Bコースの先生方にも、多くの刺激と励ましをいただき、感謝申し上げます。

 

カテゴリー

人気記事(閲覧数)

WEB予約に関して 10,341

2022.10.03
WEB予約に関して

定期検診を受けていれば大丈夫か? 2,115

2022.11.04
定期検診を受けていれば大丈夫か?

スクリュー固定のインプラントのデメリットを克服する 1,685

2023.07.22
スクリュー固定のインプラントのデメリットを克服する

月別アーカイブ