プレオルソによる受け口の改善

こんにちは

小林デンタルクリニックの小林陽介です

 

多くのお問い合わせをいただいている『プレオルソ』

 

プレオルソによる受け口の治療は、痛みなどの負担はほとんどなく、多くのお子様に受けていただいております。

 

今回も、プレオルソによって受け口が改善した症例をお見せします。

 

まず、初診時の状態です

 

上の前歯が本来は外にないといけないところ、下顎より内側に入っています。

こうした状態が続くと、歯並びが悪くなるだけでなく、お顔立ちまで変化してしまいます。

歯並びが悪い場合は、様子を見ましょうという対応をすることもありますが、この受け口に関しては、外にある下の歯が上顎の成長を抑制してしまいますので、どなたにも早めの対応をお勧めします。当院では3歳以上で、歯型を取ることができるお子さんに対し行なっています。

 

数ヶ月、プレオルソを使用していただいたところです。

完全に正常咬合となっています。これで一安心です。

上下に並べてみてみますと分かりやすいかと思います。

 

プレオルソは、夜寝る時とプラス1時間起きている時にお口の中に入れてもらうだけです。ホースのような柔らかさの装置ですので、痛みはほとんどありません。

この装置を数ヶ月使用していただくと改善してきます。

 

お子さまのお口を見ていただき、心配だわと思われた方は一度相談に来ていただければと思います。

 

また、こちらでもプレオルソの治療をご紹介しております。あわせてお読みください。

小児のプレオルソを用いた受け口治療

カテゴリー

人気記事(閲覧数)

WEB予約に関して 10,338

2022.10.03
WEB予約に関して

定期検診を受けていれば大丈夫か? 2,113

2022.11.04
定期検診を受けていれば大丈夫か?

スクリュー固定のインプラントのデメリットを克服する 1,684

2023.07.22
スクリュー固定のインプラントのデメリットを克服する

月別アーカイブ