ダイレクトボンディングですきっ歯の治療

すきっ歯のことを、専門用語で正中離開と言ったり、diastema と言ったりします。

この正中離開は、う蝕ではありませんので保険治療の対象外となります。

 

今回は、正中離開を主訴に来院された患者様です。

ダイレクトボンディング術前

歯並びはキレイなのですが、真ん中に約1mmほどの隙間があります。

この隙間をなくしたいというのが患者様の希望でした。

初回時には、型取りをさせていただき、作成した模型をもとに完成イメージを作製します。

2回目の来院時に、約1時間ほどの時間をかけてダイレクトボンディングの処置をしました。

 

術後の写真です

ダイレクトボンディング術後

今回の場合、一切歯を削ることなく処置ができています。

使用したレジンは

最下層から

①エステライトΣクイックOA2

②Harmonize DENTIN A3

③エステライトアステリア OcE

④エステライトアステリアNE

⑤Empless Direct Flow  TransOpal

この5つを用いました。

通常の保険での治療ですと、使用するレジンは1種類、多くて2種類ですが、保険外のダイレクトボンディングではこれほど多くのレジンを使用することができますので、どこから見ても処置したとこをが分からない、極めて自然な仕上がりを実現することができます。

 

では、なぜこれほど多くのレジンを使用する必要があるのか?

一度、あなたの歯を見てみてください。

1本の歯であっても、根本や先端など場所によって色が違うのがお分かりになるでしょう。

その色の違いというのが、グラデーションになって歯の色をつくっているので、必然的に必要な色が多くなります。

当院では20種類以上の色調のレジンを取りそろえ、様々な症例に対応できる体制を整えております。

 

このダイレクトボンディングは以下の人に適しています

①すきっ歯、正中離開

②保険の樹脂、プラスティックで治療したが色や形が合っていない

③できるだけ削る量を少なくしたい

 

 

今回の処置は全額自費治療

ダイレクトボンディング 税込55,000円が2本で合計110,000円です。

1年間の保証がつき、保証期間内は研磨、艶出しが無料です。

 

正中離開には、このダイレクトボンディングのほかに歯列矯正治療も有効になってきます。

この患者さんのように、隙間があるが歯列自体がきれいな方は、インビザラインによる部分矯正で350,000円の費用と、2~3カ月の期間で治すことができます。

 

興味がある、自分に合った治療が分からないという人もご相談にいらして下さい。

患者様のお口の美しさを追求するために、全力で治療に当たらせていただきます。

カテゴリー

人気記事(閲覧数)

WEB予約に関して 10,341

2022.10.03
WEB予約に関して

定期検診を受けていれば大丈夫か? 2,115

2022.11.04
定期検診を受けていれば大丈夫か?

スクリュー固定のインプラントのデメリットを克服する 1,685

2023.07.22
スクリュー固定のインプラントのデメリットを克服する

月別アーカイブ